箱庭がひとつ

 


理想と現実の箱庭を

思い描いてみた



そう...それは



愛憎と悲愴と

たくさんの温もり



 

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ