078 シャングリラ後日談

□君に贈る花
1ページ/9ページ

『今日バイト入ってる?』

達樹くんからのラインに、私の胸は躍った。お正月に達樹くんに会ってから、まだ数日しか経っていないのに、もう会えるなんて……。冬休みが終わる直前で嬉しい! とにやけてしまうのを抑えながら、『今日は休みだよ!』と返信した。



夕方、達樹くんが部屋を訪れてくれた。彼は初めて見るコートを羽織っていて、それだけで、雑誌の中の坂井達樹がそのまま飛び出して来たみたい……とドキドキしてしまう。

「お邪魔します。菜々ちゃん、急にごめんね」

「ううん! うれしい! 寒い中、ありがとう!」

「お土産持って来たよ」

「えっ! ありがとう! なに、なに?」

「たい焼き。菜々ちゃん、和菓子食べれる?」

「わー! たい焼き、大好き! うれし〜〜ありがとう! しかもここ、いつも並んでるよね?」

「え、そーなの? 知らなかった……。さっき差し入れでもらって、うまそうだったから、菜々ちゃんと食べようと思って」

「私も食べたことはないんだけど、いつもすぐ売り切れちゃうって有名なんだよ。めっちゃうれし〜〜!!」

温めてから食べようと、キッチンに立った。コーヒーよりは緑茶がいいかな、あったかなあ、と棚を漁っていると、ソファに座っていた達樹くんが声を上げた。

「菜々ちゃん、めっちゃライン来てるよ」

「え?」

「7〜8件、連続で来てる。あ、また来た」

テーブルに放っていた携帯がチカチカと光っている。何だろう、と手に取り確認していると、達樹くんが呟いた。

「ごめん。さすがに、気になって」

「いいよ。そりゃ、気になるよ」

「………」

達樹くんの表情は複雑だった。「誰?」、「何の用?」と尋ねたいのを堪えているのが、手に取るようにわかる。思わず吹き出してしまった。

「そんなに心配しないでよ! 仁美だから、安心して!」

「う……いや、仁美ちゃんでも心配だよ! そんなにいっぱい……何かあったの?」

「大丈夫だよ! 今度の成人式の待ち合わせ場所とか、二次会の場所とかの連絡!」

そう言うと、達樹くんは勢い良く身を乗り出した。

「成人式!? 菜々ちゃん!?」

「あれ? 言ってなかったっけ?」

「聞いてねーよ!! マジで!?」

「あ……ごめん。言った気になっちゃってた」

達樹くんは口を開けたまま、ドサッとソファに凭れた。

「……そっか……そうかあ……菜々ちゃん、二十歳だもんなあ……おめでとう!」

「あ、ありがと……。二十歳になってから、だいぶ経つけどね……」

「あれ着るの? 振袖!」

「うん。着るよ」

「見たい!! あれいつだっけ!? 月曜か!!」

「ええっ!?」

「月曜、スケジュールどんなんだっけな……」

達樹くんも携帯を取り出し、黙り込んでしまった。隣に座り、恐る恐る切り出した。

「あ、あの。私、地元帰るんだよ? 見れないよ!」

「何だよ。晴れ姿、俺に見てほしいって思わないの?」

「そ、そういうことじゃなくて……。写真ならあるよ! 前に撮影だけしてもらったやつ」

「いや見せないで!! 当日の楽しみに取っとくから!!」

「何それっ! 私、地元帰るってば!」

「仕事終わり次第行く! 少しでいいから、見せてよ!」

「ええ……!? 本気なの!?」

「見たいよ! 一生に一度の成人式だろ!」

力が抜けてしまった。こんなことになるなんて……。写真だけ見てもらえればいいと軽く考えていた私は、今から落ち着かない気持ちになってしまう。それに……。

「ど、どうするの。誰かに見られたら……」

「大丈夫。あの辺りなら記者もいないよ」

「なによお! 田舎者扱いしてっ!」

「いやそういうわけじゃ……。とにかく、行くから! つっても、片道2時間はかかるなあ……」

「私、その日のうちに東京に戻るつもりなんだけど……」

「わかった。遅くなるようなら早めに『行けそうにない』って連絡する。それがなかったら、来るって思っといて」

「………」

大丈夫かなあ。誰かに見られる心配もあるけど、うまいこと抜け出せるかな……。仁美にあらかじめ伝えとかなきゃ……。

ぼんやり考えていると、達樹くんが低い声で呟いた。
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ