078 シャングリラ後日談

□VACATION!
1ページ/12ページ

マレーシアでの海外ロケからの帰りに部屋に寄ってくれた達樹くんに、お土産をもらったり写真を見せてもらったりしながら過ごすうち、楽し過ぎて、お茶を淹れることも忘れていたことに気が付いた。グラスを持って戻って来ると、達樹くんが視線を落として大声を上げた。

「うわっ! 菜々ちゃん、それ見せて!」

何のことを指しているのか、すぐにわかる。

「えへへ。いいでしょ!」

「うん、すげーきれい! え? こんなの、今までしてたっけ?」

「ううん、いつもはしてないよ」

ソファに体育座りをして、達樹くんに足の爪を見せた。海をイメージした青系のグラデーションネイルで、ゴールドの貝殻やキラキラしたホログラムがあしらわれていて、見ているだけで幸せな気分になる。

「すげー……すげえきれい。自分でしてるの?」

「まさかっ! ネイルサロンだよ。夏だけの贅沢!」

「へえ……近くで見ていい? うわー、こまかっ!」

「ね。すごいよね! 自分じゃ絶対、こんなのできない!」

「いいなー、女の子は。サンダル履きたくなるね」

「うん! でも、意外。達樹くん、こういうの好きじゃないと思ってた」

「え!? なんで!?」

「前、なんかのインタビューで、派手なネイルしてる子は好きじゃないって言ってなかった?」

「いや、すげえ人いるじゃん! 指と同じぐらいの長さの爪の人いるじゃん!」

「あはは! 最近はあんまり見ないけどね。私も手の爪はしたことないな」

「ああ……菜々ちゃん、手の爪はしちゃダメなのか」

私のバイト先は飲食店なので、手や腕の装飾品……ネイルや指輪、腕時計は基本禁止されている。ピアスはOKなのはラッキーだ。達樹くんにもらったピアスを、外さなくて済む。

「んー、もし飲食でバイトしてなくても、手の爪はやらないかなあ。足の爪より伸びるの早いし、手入れするの大変そう」

「魔女みたいな爪じゃなきゃ、全然いいよ。もっかい見せて。きれいだなあ……」

「えへへ。もうすぐ1ヶ月くらい経つから、また違うのにしようかなあ」

「次は全然違うのにしてよ!」

「うーん……夏本番だし、オレンジとかいいかも! 楽しみ!」

「おー! いいね! これもいいけどね。海に映えそうで」

「これ、海っぽくてきれいでしょ! この前海行ったから、それに合わせたの!」

そう言うと、達樹くんは驚いたように目を見開いた。

「海!? 海行ったの!?」

「う、うん」

「男は!?」

「いません。女4人です」

絶対、言うと思ったわ!

「お、女4人……仁美ちゃん?」

「うん。仁美と、高校の友達ふたり。卒業した年の夏に初めて4人で行って、次の年も行きたかったけど、私、稽古で忙しかったから、3人で行ったみたいなの。寂しかったから、今年は絶対4人で行きたくて」

私の話を聞いているのかいないのか、達樹くんは口を開けてぼんやりしている。

「……水着着たの?」

「着たよ。イヤなの?」

「ナンパされるだろ!!」

「されないよ! ちょっと声かけられるくらいはあったけど」

「それがナンパだよ!!」

「もう! ついてったりしないんだから、いいじゃん!」

「男がいるようなとこで、水着でいたら盗撮されるって!!」

「なにそれ……。水着になるのは海に入る時だけで、それ以外は一応、ラッシュガード着てたから、大丈夫だよ」

ふう、と溜め息をついた。達樹くんの歴代の元カノが、嫉妬深いとか束縛激しいとか言って、彼を振って来たことに、少しだけ納得してしまう。すると、達樹くんは私より盛大に溜め息をつき、うなだれた。

「はあ……いいなあ……俺も海行きたい……長いこと海なんて行ってない」

「え!? マレーシアで散々、行ったんじゃなかったの!?」

「それは仕事! プライベートで行きたい! 菜々ちゃんと!」

顔を上げないまま拗ねたように声を上げる達樹くんに、軽く呆れてしまう。これが、かのイケメン俳優の坂井達樹なのか、信じられない。

「そんなの、ムリだよ。誰がどこで見てるかわかんないんだから」

言いながら達樹くんの肩に手を置くと、彼は恨めしそうに目だけをこちらに向けて、呟いた。

「……海行こう」

「え?」

「菜々ちゃん。俺とも海行こう!」

「えっ、ええ!?」

「なんだよ。まさかイヤとか言わねえよな」

「いっ、イヤとかそういう問題じゃ……」

「次、バイト休みいつ? スケジュール見せて!」

「なっ……ほ、本気なの?」

「当たり前。早く見せて!」

私の携帯のスケジュールアプリと、自分の携帯を見比べながら、達樹くんは黙り込んでしまった。
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ