にきびに関するケア方法について

治らないと諦める前に。にきびは性別、年代、症状によりさまざまな原因とそれによる対策があります。
自分にに合うケア方法を見つけることが大事です。


にきびと洗顔

にきびに良いとされる洗顔の意外な落とし穴について。

にきびを気に病んでいるという人は、洗顔方法を見直してみるといいでしょう。
にきびを解消するには、適切な洗顔がどれほど効果があるでしょう。実は洗顔を一生懸命しても、にきびが良くならないことがあります。

肌が弱酸性状態にある時が、コンディションとしては理想的です。
弱酸性であり続けるためには、皮膚の細菌が活動していなければなりません。

胃腸の善玉菌や悪玉菌は有名ですが、胃腸だけでなく、皮膚にも善玉菌や悪玉菌が存在します。
顔をきれいにするためと、常に洗顔をしていると、肌にとっては大事な筋である表皮ブドウ菌まで失ってしまいます。

短時間で繰り返し洗顔をしていると善玉菌が流れていき、悪玉菌ばかりになります。
そうなると肌はアルカリ生に傾き、より乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥してもにきびはできるので、洗顔をすればするほどなかなかにきびが治らないということが起こるのです。

1日に繰り返し洗顔をすることは、にきび予防に取り組む人には好ましくはありません。
基本的に朝と晩の2回、場合によっては3回までが肌にいい洗顔の回数です。

洗顔時はよく泡立て、洗った後はぬるま湯で顔の泡を徹底的にに落としてください。
にきび対策にと頻繁に洗顔をしていたという人は、洗顔回数を少し減らし気味にした上で、顔の状態を観察してみてください。


にきびケアの正しい洗顔方法




ブックマーク|教える
訪問者207人目




©フォレストページ