アマオト


雨の中重ねた濡れた唇は
涙の味がした


れいた×流鬼
長編小説。
〜主に流鬼視点です〜

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ