Kira's LoveStory*

□終わらない明日へ
1ページ/1ページ


真っ暗な宇宙に漂う身体...。

無数の星が瞬くけれど、その光はどこか冷たくて...。

誰かの温もりが欲しかった

だけど...。

これまで自分が殺めてきた命を想うとそれは許されないこと...。
もう、このまま闇の中に消えてしまってもいいかな、なんて思った時――

一際輝く光が真っ直ぐキラの元へ注がれた。
暖かいと感じた光の先には見慣れたロボット鳥。

(トリィ...)

更に後ろからボロボロになったストライクルージュ...。

そのコックピットに人影が見えた。

(アスラン...カガリ...)

涙で視界がぼやける。
二人が微笑んでくれると少しだけ心が軽くなった気がした...。

そしてふと、大切な人の言葉が脳裏に蘇る。

『帰ってきてくださいね。此処へ...私の元へ...』

(...ラクス。...そうだ僕はまだ、死ねない)


――帰ろう...、君の元へ

――帰ろう...、平和な世界へ


END. 2005.12.16

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ