Athrun×Kira LoveStory*

□未-TOMORROW-来
1ページ/1ページ

―僕は君に、何かを還せるだろうか―



どこまでも穏やかな風が、髪や頬を撫でていく。
見渡すかぎりの海の青さが、心に染みていく。
けれど、自分の犯した罪は決して消え去ることは無い。

――それでいい。

その罪を背負って、生きていこうと決めたのだから。


『キラ』

君が僕を呼ぶ。
あの綺麗で優しい微笑みと共に。


『キラ』

君が僕を呼ぶ。
温かく包み込むような声で。

君が此処に居ること、それがどれだけ重要だったか...だけど。


『行かないで』

なんて言えなかった。
言えるわけなかった。

これ以上、君の負担になりたくはなかったから。
だから今度は自分の足で踏み出すよ。

―少しでも君に追いつくように

―君の隣に立てるように...。


end.
up@―#改訂2009.4.8

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ