Athrun×Kira LoveStory*

□護るべき者
1ページ/1ページ


何故、あんな言葉を口に出してしまったんだろう。

今さら悔やんでも、もう後戻りはできないが...。

『お前の手だって、既に何人もの命を奪っているんだぞ!』

...キラを傷つけた。

泣いてなかったけど、本当は泣いてたんだよな。
お前は優しいから......。

繊細な心を言葉の刃で貫いて...。
どうしようもなく身勝手な自分が腹立たしい...。

けれど意味の無い戦争の早期終結の為、もう二度とキラがフリーダムに乗らなくてもいい世界を築きたいと願ったのだ。
その為に今はたとえキラと異なる道を進んだとしても、平和な世界を取り戻した暁には...。

(待っててくれキラっ...必ず迎えに行く...)

決意を込めてグリップを握り、緋のMSセイバーを駆り戦地へと赴く。


――己の正義を掲げ、大事な者を護るため


end.
up@2005.12.28#改訂2009.4.8

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ