Athrun×Kira LoveStory*

□光
1ページ/1ページ


目覚めたくはなかった。

突き付けられる現実に絶望せずにはいられないだろうから…。

自分の思い描いていた現実とは真逆に進んで行く混沌とした世界。
必死で抗っても、どうすることも出来なかった。
ただ無情にも時間だけが過ぎて行った。

そして......光を失ったのだ。


あいつが居ない世界など耐えられそうになかった。
だから叶うのなら、このまま眠りの淵に沈んでいたかった。それなのに、想いとは裏腹に薄らと意識が浮上していく。

...頼む!まだ夢を見させてくれ!

瞼の裏に焼き尽き、穏やかな微笑を浮かべる彼の面影をいつまでも感じていたいのに...。

切なる願いは叶わず、覚醒と同時に気怠げに瞳を開く。
どうして目覚めなくてはならないのか。
俺にはもう何も無いというのに。


ぼんやりした視界が段々とはっきりしてくる。


「......ラン、…アスラン」

「っ!?」

飛び込んできたのは求めていた光。
目の前に失ったはずの最愛の人が微笑んでいた。

これは儚い夢だろうか?

触れて確かめたくて…。

「キ、ラ…」

必死に言葉を紡いだ。


――キラ、君なしじゃ俺は生きていけない。


end.
up@2006.7.26#改訂2009.4.8

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ