Athrun×Kira LoveStory*

□ボクとキミ
1ページ/1ページ

今日の僕は朝からウキウキしていた。
その理由は...。


「アスランッ!」

お目当ての人物を見つけると、タタタッと駆け寄り彼の背中に飛びついた。

「...っ!おい、キラ...はしゃぎすぎだ」

「だって、早く見たかったんだもん!」

「お前なぁ〜...」

首根っこにしがみついて離れない僕に君は呆れてるけど、そんなことどうでもいい。
だって...。
僕はパッとアスランから離れて真正面から彼を見つめる。

「う〜ん...なんか、変な感じ?...似合わなくはないけど、見慣れたら大丈夫なのかなぁ?」

首を傾げ、顎に手をやりながらジロジロ眺めていると、とうとうアスランが口を出してきた。

「キーラ!服なんてどうだっていいだろ?」

「ダメだよ!せっかく僕とお揃いなんだか...あっ!」

アスランに腕を引き寄せられ、ぎゅっと抱きしめられる。
なんか悔しいけど、逞しい腕は変わってないや...。

「俺も嬉しいよ?キラとお揃いで...ただ」
「ただ何?」
「インナーの色が違う...」
「......それだけ?」
「なっ!?これは重要な事だぞ?」

至極真面目に告げてくるアスランに小さく溜め息を零す。

まったく、アスランて昔からなんでこんなに細かいんだろ...。
インナーの色?確かに違うけど、そもそも気にするところじゃないよ...。

「はいはい。一緒じゃなくて残念だったね」
「キラ...それ気持ち込もってないぞ?」
「アハハ」
「アハハって......」

アスランを無視して彼の懐に顔を擦り付けて甘える。

あったかいな...。

「でもこれで、僕らはまた一緒に戦えるね」
「そうだな」
「正直な話、アスランがザフトに戻ったって聞いた時はショックだったよ?」
「すまない...キラ」
「ううん、もういいんだ。だって君、傷つきながらも帰ってきてくれたじゃない?」

「...キラ」
「だから、一緒に行こう」

このまま優しい腕に抱きしめられていたかったけど、アスランから身を離す。そうして彼の手を掴んで足早に歩き出した。

「アスランのオーブ軍服姿、ラクスやカガリ達にも見てもらおう!皆、僕と同じですごく楽しみにしてたんだから!」
「えっ!?ちょっ!キラっ...!」

あたふたしてるアスランを尻目に僕はグイグイと引っ張っていく。


――こんな格好いいアスラン。ホントは誰にも見せたくないんだけどね。


end.
up@―#改訂2009.4.8

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ