Athrun×Kira LoveStory*

□幸せの距離
2ページ/2ページ

「でも、通信越しには会ってるから...。これ以上、贅沢言えないよ」
「画面と生身じゃ違うだろ?」
「だけど、アスランに迷惑かけるのは...」

弱々しいキラの答えに、シンの中で何かがプチッと音を立てて切れた。


「あ〜も〜!聞いてましたか?!アスランさん!!」
「え?アスラン??」

突然、立ち上がったシンは後ろを振り返った。すると、扉の向こうから私服姿のアスランが姿を見せる。

「キラ」

昨日も通信越しに聞いた優しい声音。

「アスランッ...!」

キラは居ても立ってもいられずに愛しい人に駆け寄った。アスランはそんな可愛い恋人を温かく受け止め、抱きしめる。

「キーラ、元気ないって聞いたから心配したぞ」
「うん、ごめんね。でも、大丈夫...」
「大丈夫、じゃないだろ」

アスランは優しく目尻にキスをして、今にも零れそうな涙を拭い取った。


「淋しかった...」
「うん」
「ずっと会いたくて...。抱きしめて欲しかった」
「キラ」

今にもドラマ並みのラブシーンを始めそうな二人に、シンは咳払いを一つして、この場を退散しようとする。それに気づいたアスランが声をかけた。

「シン!キラのこと、ありがとう」
「お礼なんていりませんよ、キラさんだから助けたまでです。では...」

ふいっと、少し赤らんだ顔を逸らしてシンは食堂を後にした。

「アスラン?もしかして、シン...」
「ああ、最近キラの顔色が悪いって連絡くれたんだ」
「そっか...シンにも心配かけちゃったね」

シンが出て行った扉を見つめ続けるキラ。その様子に、ほんの僅かの嫉妬を覚えたアスランがキラの顎を捉え、こちら側に向かせた。

「キラ、今は俺のことだけ考えて?」
「...アスラン」

見つめ合ったまま、アスランはキラの唇に触れるだけの優しいキスを落とす。顔を離せば、ふんわりと花が綻ぶようにキラが微笑んでいた。それに微笑み返すとアスランは口を開いた。

「キラ、もう少し情勢が落ち着いたら...」
「何?」


「一緒に暮らそう」

「...っ!!?」
「これ以上キラを不安にさせない為にも...」
「...あ、えと...」

驚きと嬉しさで胸がいっぱいで、何て返せばいいのか分からずに言葉に詰まる。だけど答えなんて、すでに決まっていた。

「キラ?」
「すごく嬉しい。けど...いいのかな?」

自分だけ、こんなに幸せな気持ちに浸っているけれど。

「僕、アスランの重荷になってない?」
「そんなことあるわけないだろ。俺だってキラと離れてる間、淋しかったんだぞ」

アスランが照れ臭そうに笑い、額をこつんと軽く小突いてきた。それに「ごめん」と笑って、彼の懐に顔を埋める。

「アスランの匂いだぁ」
「クス、なんだそれ?」

いつも求めていた彼が目の前にいて、あんなにも淋しかった心が満たされていく。それに何より、アスランも淋しいと感じていてくれたことが嬉しい。優しく髪を撫でてくれる彼に擦り寄るように甘えた。愛しい気持ちが伝わるように...。

「キラ、明日オフだろ?一緒に出かけないか?」
「アスランも休みなの?」
「俺は今日から三日間、休暇取ったから」
「あ、だから私服なんだ」
「そういうこと。...二人で暮らす家も探しにいこう」
「うんっ!」

僕たちの新しいスタートは今、始まったばかり...。


end.

2007.2.27
前へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ