Athrun×Kira LoveStory*

□黄昏に君を想ふ
1ページ/1ページ



沖合からの風に亜麻色の髪をふわりと揺らし、浜辺に佇む幼なじみ。

そのシルエットは酷く危うげで、目を離せば消えてしまいそうで...。

アスランは堪らず名を口にしていた。


「キラ」

「ん、なぁに?アスラン」

ゆっくりと振り返り微笑む姿が綺麗で、しばし言葉を失い見とれてしまう。

自分と同性であるはずなのに、彼からは中性的な雰囲気が漂ってくる。


そんな何とも言えない魅力に惹かれ続けていた、今も昔も...。

「アスラン?どうかした?」

「...いや、綺麗だなって思って」
「うん、ホント綺麗だね」

キラはそう言いながら、水平線に沈もうとしている夕陽を眩しそうに見つめた。


その様子にアスランは心の中で苦笑する。
自分が綺麗だと言ったのはキラのことなのに、どうやらキラは夕陽のことだと勘違いしているらしかった。


―無自覚なのも心配だな。


でも、あえて言い直そうとは思わない。
純粋な君が愛おしいから...。


「キラ、夕食にしようか」
「うん!お腹空いてきたしね」

今日のメニューはなに〜?と聞いてくるキラにハンバーグと伝えると、菫の瞳を輝かせて喜んでくれた。
お子さま味覚なのは相変わらずだ。



ずっと、このまま二人で。

願いは夕闇の中に儚く溶けて消えた。


end.2008.8.19

・実はこれ途中で切ってしまったんですが、アスキラ←シンになる予定でした(汗)


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ