Athrun×Kira LoveStory*

□海をみつめて
1ページ/1ページ



――待ち合わせはオーブの浜辺。


クリーム色の木綿シャツを着た君が、波打ち際を裸足で歩いている。
時折、屈み込んでは何かを探しているようで。
長めのシャツの裾が波にさらわれ濡れていた。


「キラ」

名前を呼べば、優しい微笑みを返してくれる。
それはどこか切なくて、痛みを伴っていたけれど。

「遅くなってすまない」

「ううん、いいんだ。それより見て?」

キラが片方の手のひらを広げる。
そこには小さな貝殻がたくさんあった。

「へえ、すごいな」

「でしょ?可愛いから、いっぱい拾っちゃった」


嬉しそうに笑うキラが愛しくて。
もう二度と失いたくないと願った。

――宇宙で一番、大切な人。




「キラ」

「あ、...アスラン」

華奢な体で背負い込む何もかもを包んでやりたくて、守るように抱きしめてやる。


「アスラン、次はいつ来るの?」

肩口に頭を預け、耳元で囁かれたキラの言葉に胸が苦しくなる。

ずっと傍にいてやれたら、どんなにいいだろうか。

繊細で淋しさを押し隠す癖のあるキラ。彼の泣いている姿を最近は見ていない...。

だが、きっと人知れず泣いているのだろう。一人で泣かせたくはないのに。


「なるべく、近いうちに来る」

「そう...。無理しないでね」

淋しげに響いた声に抱きしめる腕を強くした。

不安を拭い去るかのように。

強く、強く。



――待ち合わせは、また此処で。

――オーブの雄大なる海の、すぐそばで。



end.2008.06.18
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ