Athrun×Kira ParallelStory*

□ももいろ
1ページ/2ページ



「ねぇアスラン、目つむって?」
「は?」
「だーかーらー、目!つむるの!」

寒空の下、帰宅する学生たちで賑わう往来のど真ん中で、幼なじみで同じクラスでもあるキラがそう宣った。

別に目をつむるくらい大した事じゃない。
ただ、気がかりなのは目の前でクフフとほくそ笑むキラだ。
絶対良からぬことを考えていると、アスランは素直に頷けずにいた。

「一体、なにをするつもりなんだ?」
「それ言っちゃったら面白くないでしょ」

早くつむれ〜、と催促されてもなかなか実行に移せない。
キラは昔からいつも、いきなりすぎるのだ。

「......せめて場所を変えないか?」
「なんで?」
「なんでって、人の目があるだろ」
「もう!アスランってば、やらしい!」
「はぁ?!なんでそうなる」
「だって、目つむるだけなのに人の目気にするって、絶対やらしいこと考えてるでしょ!」

図星を突かれて「うっ」、と返答に困る。
俺とキラは同性であるが所謂、恋人同士の仲だ。
そんな相手に目をつむれと言われて、キスぐらい期待してしまってもいいのではないだろうか。

「僕だって一応TPOは考えてるよ」
「TPOね...」
「なに?」
「いや、キラの口からそんなセリフ聞けるとは思わなくてさ」
「うわーうわー!アスランが僕をバカにしたぁ!」

そう言って、拳を振り上げてくるキラの攻撃を難なく受け止めながら、アスランは苦笑する。

まったく可愛いことをしてくれるものだ。
小さく息を吐き出すと紫色の瞳をじっと見据えた。

「分かった...キラを信じる」
「うん!!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ