Athrun×Kira ParallelStory*

□スターマイン
1ページ/2ページ

漆黒の空に、鮮やかな大輪の花が咲き乱れる。


「うわぁ〜綺麗...」

隣で瞳を輝かせて魅入っている幼なじみは、本当に嬉しそうで。

誘って良かったと、アスランは彼の横顔を見て微笑んだ。

「すっごく綺麗だねーアスラン!やっぱり花火は間近で見るべきだね!」

うんうん、と一人納得するキラにアスランは苦笑を隠し得ない。

「なに笑ってるの?なんかムカつくんだけど」
「クス...いや、ちょっと昔を思い出してさ」
「昔?何かあった?」
「キラ、小さい頃は打上花火の音が怖いって、泣いてただろ」

過去の苦い記憶を掘り返され、キラは焦ったように抗議する。

「あ、あれはっ!だって、初めて近くで見たから吃驚したんだもん!」
「俺は平気だったけど?耳塞いで泣いてるキラ、可愛かったなぁ」
「〜っ、アスランの意地悪っ!」

ぷいっと、そっぽを向いてしまったキラの手をアスランはそっと握る。

振り払われるかなとも思ったが、どうやら杞憂だったようで大人しく繋がせてくれた。
顔は相変わらず背けられたままだったが。


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ