Athrun×Kira ParallelStory*

□ココア
1ページ/3ページ






キミといれば、

あったかくなれる。



○◯ココア◯○



夕食を終えたキラはソファにもたれながら、食後にアスランが淹れてくれたココアを一口飲んだ。


(美味し〜)

キッチンで洗い物をしている彼には悪いけれど、食後ののんびりとした時間を楽しむ。
そうして何気なくテレビのリモコンに手を伸ばし、電源をオンにした。
別に見たい番組はなかったのだが、アスランが戻ってくるまでの暇つぶしに。

するとそこに映し出された内容に、キラは大きな声をあげた。


「アスラーンッ!」


リビングから聞こえた自分を呼ぶキラの声に、アスランは何事かと慌てる。

「キラ!どうしたっ?!」

洗い物を放り出し、リビングに急ぐとキラの姿はなく、飲みかけのココアの入ったカップがテーブルに置かれているだけ。

テレビはつけっぱなしで何の変哲もないCMが流れていた。


「キラ?」

もう一度、名を呼ぶ。

すると返事は冷たい空気と共に耳に届く。


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ