Athrun×Kira ParallelStory*

□いつまでも
1ページ/1ページ



...3、2、1

「ハッピーニューイヤー!アスランッ!」

カウントダウンと共に抱きついてきたキラは、にこにこと嬉しそうに笑っている。

それがなんだか子供みたいに幼く見えて。
思わずクスリと笑ってしまう。

「なに笑ってんのさ」

ムッとした彼を宥めるように、額にかかる前髪をかきあげてやる。

怒った顔も可愛いな。
...なんて、やっぱり俺はキラにべた惚れだ。


「いや、ただ元気だなって思ってさ」
「それって褒めてるの?」
「当たり前だろ。元気で可愛いよ、キラは」
「うわーうわー!君ってホント......」

一気に赤くなる顔を見つめて額にキスを送れば、キラは照れながらも柔らかな微笑みを返してくれる。


「今年もよろしく、キラ」

「...うん、よろしくね」


二人寄り添い、微笑み合うと、
どちらからともなく静かに唇を重ねた。


また新しい君との一年が始まる。


end.2007.12.31

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ