Athrun×Kira ParallelStory*

□クリスマス*イヴ
1ページ/7ページ





今にも雪が降り出しそうなクリスマスイヴの夜。

街中はイルミネーションに彩られ、道ゆく人々の顔は幸せに満ち溢れていた。


「あーあ。ったく〜、楽しそうでいいねぇ。俺たちは仕事してたってのにさ」
「そう文句を言うな、ラスティ。明日のオフはもぎ取ったんだから」
「アスランはいいよなぁ。一緒に過ごす相手がいてさ〜、っと噂をすればだな」
「ん?」


ラスティが視線で指し示す方を見やれば、自分たちのいる歩道の反対側に黒いロングコートを着た男に抱えられるようにして歩く、愛しい恋人の姿があった。


「キラ」

遠目からでも見間違えるはずはないとアスランは断言できる。
それほどに彼を愛しているのだから。

だが、隣の男は一体誰なのか?
苛立つアスランを面白そうにラスティがからかう。

「あーらら、もしかして修☆羅☆場?」
「煩いっ」


そう言い残すとアスランはすでに走り出していた。

その背中にラスティは苦笑を堪えながら言葉をかける。


「健闘を祈ってるぜ!」





次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ