Athrun×Kira ParallelStory*

□brilliant〜特別な日〜
1ページ/8ページ

◆1◆


「誕生日?」
「ああ、もし良かったらでいいんだけど...」

いつもの学校帰り。
もうすぐキラのバースデーだからと、当日どこかへと出かけようと誘ってみた。

毎年キラは双子の姉、カガリと自宅で祝うから。今年はなんとかキラを連れ出したくて、先手を打ってみたのだが...。


「ごめん、誕生日は朝からカガリと出かけるんだ」

敢えなく玉砕...。
ライバル関係にあるカガリに見事に先を越された。

「そうか...」
「うん、ごめんね」
「キラが謝ることはないさ」

そう言いつつも、心中は穏やかではない。


「あ!じゃあ、アスランも一緒に行く?」
「え?」
「せっかくだし三人で行こうよ!帰ったらカガリに聞いてみるね」
「いや、遠慮しとくよ」


冗談じゃない...。

キラと二人きりならいいが、カガリがいては楽しめるはずがない。

正直、邪魔だ。

だがそんな感情は微塵も出さず、にっこりと微笑みかける。

「二人で楽しんでおいで」
「いいの?...せっかく誘ってくれたのに、ごめんね。また今度いこうね!」
「ああ、約束な...」
「うん!約束っ」


次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ