「冬の日」



 冬。
 「奇跡の鐘」の公演を終えて、今年も残すところあとわずかとなっていた。
 もう正月も目の前だ。

 そんなある日、大神は正月の買い出しに出かけていた。
「もう年の瀬かぁ、早いなぁ…。」
 そう思いつつ、大神は冬の空の下、足早に歩き始めた。
 いつの間にか街もすっかりお正月モード。
 買い出しや大掃除をしているらしい人も多く見かけられる。
「えーっと、今日は何を買えば………あれ?」
 買い出しメモも取り出そうとコートのポケットに手を入れるが、何も入っていない。
 慌てて他のポケットにも手を入れて確認する。
 だが、ない。
「もしかして落としたのか…?」
 大神が焦っていると、後ろから声が聞こえてきた。
「隊長ー!」
 振り返るとレニがこちらに走ってくる。
「レニ!?どうしたんだ?」
 大神の元に辿り着いたレニは、息を整える。
「隊長…、これ、忘れ物。」
 レニは紙切れを大神に渡した。
 買い出しメモだ。
「あ…。」
「机の上に置きっ放しだったよ。何を買う気だったの?」
 レニがいたずらに微笑みかける。
「はは…、まいったな。」
「ボクも一緒に行っていい?」
「もちろん。」
 2人は並んで歩き始めた。

「くしゅんっ!」
 レニがくしゃみをした。
「寒いかい?このマフラーを―…」
「それじゃあ隊長が冷えちゃうよ。」
 大神が自分のマフラーをレニに渡そうとしたら、レニに制止される。
 そして「あっ」とレニがそのマフラーを手に取り何かをしようとする。
 一方を大神の首に巻き、もう一方を自分で巻こうとする。
 しかし身長差があるので届かない。
「届かない…。」
 レニはマフラーを大神に戻し、肩をすくめた。
「……。」
 大神は何も言わずレニを抱き寄せる。
「!…隊長?」
 レニは驚き大神を見上げる。
「これなら寒くないだろう?」
「うん。」
 2人はお互い照れた表情だ。
 そしてそのまま歩き始めた。

[TOPへ]
[カスタマイズ]




©フォレストページ