銀→青2

□43
1ページ/16ページ





思えば、子ども扱いされてばかりだった。




怪我の後、飲み物を取りに行こうと歩いた時だって。



”「あれほど用がある時は私に頼めと言っているでしょう! 聞き分けのない子ですね!!」






ここは好きかと、尋ねられた時だって。



”『好きです。


ここも、メフィストさんも』”



”「そうですか。それは良かった」”




再度言った時だって。



”『朝も言ったんですけど……私、本当にこの世界が好きなんです。


メフィストさんも……』”



”「……」”




最後に、ぶつかり合った時だって。



”『私、メフィストさんのこと好きでした……っ!』”



”「その言葉、何度も聞きました」”




あなたはいつも、本気にしてくれない。




”「言葉だけの建前で……中身など一つも詰まってない。聞くだけでも嫌になりますよ」”




でも――――



 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ