銀→青2

□39
1ページ/15ページ




ガチャッ



その日、その時間。


ある場所で、ある扉は開いた。



キィッ



「! 土方さ、翼!!!?」



「何ー!? 翼ちゃんだって!? どこどこどこ!!!?」



「ちょ、近藤さん通してくれ!


総悟! 山崎を呼んで翼の手当てだ!! 山崎でダメだったら医務室から人引っ張って来い!!」


「へい!!」


ドドドとその場から去って行く沖田。その間、近藤は布団を敷いていた。


ここは土方の部屋のため、出す布団はもちろん土方のものだ。しかし、今はそんなこと関係ない。サッと敷いて土方を促した。


「サンキュ……! 近藤さん」


そして土方が翼を布団に寝かせたその時に、山崎を連れて沖田が到着する。


「副長! 神崎補佐が帰ってきたって、えぇ!!!?」


血だらけの翼を見、山崎は思わず後退してしまう。だが沖田に背中を蹴られ、再び翼の前へ。


「山崎、頼んだぞ」


「……へい!」


山崎は、土方のこれまでにない表情を見て、その真剣さを悟る。そして力強く返事をし、翼の手当てに移った。


「神崎補佐、失礼しますね」


ペラリとめくるそこには、今出来たばかりの生々しい傷痕があった。山崎は状況を求めんと、土方を見た。


土方はタバコを離して、これまでのことを簡単に話す。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ