銀→青2

□42
1ページ/16ページ




ある日、その部屋は一種の子ども部屋と化していた。



「トントントントーーン」



「わーい、楽しいですー」



「日本は色んなおもちゃがありますねー」



そう言いながらミニ太鼓を叩くのは、尖んがり頭が特徴的なアマイモン。


どうやらメフィストの”無限の鍵”を使って、至る地方からの有名品を買ってきたようだ。


「兄上ー、見てくださーい」


まさに子どもと言うべきか。いや、本来なら充分良い歳をしているアマイモンは、兄であるメフィストに必要以上に問い掛ける。


「アマイモン……」


もううんざりだ、と言わないばかりに、メフィストは額に手をあてうなだれる。しかし、そんな兄に弟は容赦ない。


「兄上ー。いつか兄上に引っぺがされた着物ー。僕また列に並んで買い直したんですよー」


「……」


まさか弟があれを好きだとは思わなかったので、アマイモンが着ている着物を目をひんむいて見るメフィスト。


そして、”なぜ弟とお揃いの着物を持たなくてはならないのか”という疑問に駆られ、また机に向かってうなだれた。



が、弟はまだ止まらない。



「あー、兄上ー。そう言えばこれも兄上とお揃いですー」



「あ? まだあるのか? 正直懲り懲りなんだ、が……」



しかし、その”お揃い”を見た瞬間、メフィストは凍り付けにされたように固まったのだった。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ