銀→青(短)

□12
1ページ/1ページ




『坊、隣座ってもどないですか?』



「は?」



ある日の塾の休憩時間に、それは起こった。



『だから、坊。隣座ってもどないしてん?』



「は??」



『……ちょっと待っててください』



「?」



スタスタと、勝呂から離れてどこかへ向かう翼。勝呂はいきなりのことで驚きながらも、翼に話しかけられたことが嬉しく、ついニヤニヤしてしまった。


「ぼ、坊って……」


更には独り言まで呟けば、勝呂はいよいよ一人の世界に入ろうとする。


しかし、イッツ・ア・勝呂ワールドに入らんとするその時に、勝呂の耳にある会話が入った。



『志摩さん、忘れてしまいました。勝呂さんに何て伝言したら良いんでしたっけ?』



「あはは〜まぁ無理もないわぁ。京ことばはややこしいからなぁ」



「……」



勝呂は知った。

全ては志摩だと……。


「志摩! お前何先生に伝言を頼んでおるんや!


それに、毎度俺の隣に座っとるやろ!!」


大声を出す勝呂に対し、志摩は声に出して笑うばかり。


翼が気を利かせて二人の間からズレれば、勝呂の目にはにっくきピンク頭が目に入った。


「大体お前は……!!」


「どぅどぅ、坊。落ち着いて」


「志摩〜!!」




『……』


ギャイギャイと騒ぐ二人を、今では蚊帳の外状態で眺めている翼。


このまま見ていてもただ暇なばかり。


そのため翼は、同じく遠くで苦笑いしている子猫丸の所へ行き、二人の帰りを待つのであった。


 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ