銀→青(短)

□10
1ページ/2ページ



カチャ


『失礼します。誰もいないで下さい』


何とも矛盾な挨拶をするのは、正十字学園の生徒ではない翼である。


午前を指す今はつまり、正十字学園の生徒はただ今授業中、だということだ。


そして翼はこの機会を狙って、たった今お邪魔した旧男子寮へと入ったのである。


『う、けほっ。やっぱり埃くさい……』


しかし、何故ぶつくさ言いながらもわざわざ侵入したのか。


それは、このような理由からである。


『絶対掃除が行き渡ってないと思ったんだ……。二人だけって言ってたし。


……よし! じゃぁ、やりますか!』


そう。男まみれの中で過ごしていた翼ならば、男の人がどれほど掃除をしないかということを知っている。


奥村兄弟も例外ではないと思った翼は、こっそり家政婦の任を請け負ったのだ。



バタバタバタ……

トントントン……

パシパシパシ……



塵の積もった廊下を拭けば雑巾は真っ黒になった。

布団を庭に乾すため何段もの階段を跨げば良い筋トレになった。

蜘蛛が巣くう天井を叩けば、それだけで見映えが良くなった。


翼は何十もの掃除を、一人で一気に行ったのだった。しかしそこまでしていると、いくら体力のある翼でも疲れを覚える。


バサッ


『あ〜、疲れた……ちょっと休憩……』


今まで日光を浴びていた布団を定位置に戻せば、翼はその上に寝転がるのだった。




しかし、それからすぐの時間が経った時――


「あ〜、今日も疲れたぁ〜!」


「ちょっと、せめて制服は部屋で脱いでよ」


燐と雪男が帰ってきたのだ。


ガチャ


何も知らない二人は、迷わず自分達の部屋へ入る。しかし、そこには……


「ぬおぉぉぉ――!!!?」


「! 翼さん!?」


そこ・燐のベッドの上には、既に先客がいたのだった。

 
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ