銀→青(短)

□09
1ページ/1ページ



「……はぁ。今何時だ?」


コチリと調度音がしたその時計は、ただ今午前3時を示している。


「……」


案外時間の流れは遅いものだと、心の中でため息をつく。


いつもは後1時間程経って寝るが、今日はもうすることがない。ゲームのノルマもキリ悪く、たった今クリアしてしまったのだった。


「さて……」


さて、これから何をしようかと辺りを見回す。すると、奥で何やら動くものが。


「……まだ鍛練には早い時間ですよ、翼」


そう、例の如くあの浴衣を着た翼が、自分の部屋から様子を伺っていたのだ。


『あ、見つかっちゃいましたか……。
遅くまでご苦労様です、メフィストさん』


このだらし無くも面倒見の良い、メフィストの様子を――。


「いえ、私は何てことないのですが……あなたは何をしているのです?」


『……』


「……」


『……』


「翼?」


話があまりにも進まないので、メフィストは翼に問い掛ける。


すると翼は、一旦部屋に戻りすぐにまた出て来たのだった。


小さな箱を持って。


『私だけかもしれないんですけど……疲れた時は甘いものです!

これ……メフィストさんの顔はチョコで、接着部分はマシュマロを使いました。良ければ食べてください』


「……」


トスンと机の上に置かれた箱の中には確かに、チョコで作られたメフィスト像がある。マシュマロは見えないが、きっと複雑な所で使われているのだろう。



「私はアマイモンではありません」と危うく言いそうになれば、翼の眼力によってメフィストの手はチョコに伸びた。


そして――



パキンッ



『どう……ですか?』



「……悪くないですね」



メフィストが自分でさえも驚くような、率直な感想を述べることになるのだった。



その後、目の下に隈をつけて『良かったー!』と喜ぶ翼を見てメフィストが微笑むのは、また、別のお話。


 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ