銀→青(短)

□07
1ページ/1ページ


その日の朝、ご飯にはスクランブルエッグが一品として食卓に並んだ。


『「いただきます」』


二人して声を合わせれば、鳴るお腹へと栄養を与える。


しかし、順調そうに進む食事もここまでだった。


「翼……何をしているのですか?」


メフィストは聞く。しかし、誰でも目の前で卵の塊をジィッと見られると、気になるのが当たり前だろう。


だからメフィストは聞いたのだが……。


『卵見る度思うのですが、鶏と卵はどちらが先に誕生したのでしょう?』


「は?」


翼は決して冗談ではなく本気で聞く。反対に、メフィストはため息をついた。


「やっと食事の際マヨネーズを私の所へ用意しなくなったと思えば、今度はそんなことですか。


翼も煩悩が減りませんね」


馬鹿にされているのは間違いないのだが、しかしそれでも翼は悩んだ。


『だってメフィストさん。鶏は卵がないと誕生しません。逆に卵も、鶏がいないと誕生しません。


これでは、結局どちらが先なのか分かったもんじゃないですよっ!』


妙に張り切る翼に、メフィストはやんわり諭す。


「鶏が先に決まってますよ。その鶏は技術者により開発されたのです」


『そうなんですか!?』


「はい☆」


『し、知りませんでした……。私、一生忘れませんっ』


メフィストは鼻を鳴らす。翼を騙したことが優越感を覚えさせ、更に自身を楽しくさせる。


しかし――



『でも、さすがはメフィストさん! だてに歳重ねてないですね!』


「……」


その一言で楽しい気分もどこか吹き飛んでしまった、メフィストなのであった。

 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ