銀→青(短)

□06
1ページ/1ページ


翼は塾の教室で、ある書き物をしていた。


そこへ、なんと珍しい。燐が1番乗りでやって来た。


カチャ


「おう! 翼!!」


『っ燐さん! 今日はいつもより早いんですね』


褒めれば、単純かな。燐は「いや〜」と嬉しそうに言いながら翼の隣に座る。


しかし、そこである物を見つけた。


「ん? 翼、それ何だ?」


机の上を見れば、細長く、しかし丸っこい物がある。更に翼はその上に何かを書いているようだ。


『あ〜……』


翼は言葉につまりながらも答える。


『これは”巻物”というんです。巻物には文字が書けるので、伝達事項や秘伝……更には、手紙にまで使えるんですよっ』


「……」


燐は何も言わない。しかし翼は『直接会わないと渡せませんけどね』と、眉を下げて笑って続けた。


しかし、燐がそれを制す。翼の顔付近に持ってこられた手は、すぐに翼の頬に触れた。


『え? い、いひゃい〜!』


少々荒く、だが。


『もう! いきなり何ですか! 顔が大きくなっちゃいます!』


「まぁまぁ怒んなってー! それよりさ、これ俺も書いていいか? 翼の友人ですって、翼の上司に挨拶しなきゃな!!」


ニカッと、いつものように眩しいくらいに笑う燐を翼は数秒見る。


そして自分の顔にも燐の笑顔を移せば、生き生きと、燐に筆の持ち方から教えたのだった。




「うぉ!? 翼これ書けねーぞ!!」

『(予想以上の……汗)』

 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ