銀→青(短)

□05
1ページ/1ページ


ある日珍しいことに、翼と燐が廊下ですれ違った。


「よぉ! 翼!!」


『あっ燐さん!』


振り向けば、そこにはいつもの笑顔をした燐。翼は小走りで駆け寄る。


『珍しいですねっこんな所で会うなんて』


「そういやそうだな! 寮も違うし、塾でしか会わねーもんな〜」


妙に子どもっぽい燐に、翼はクスリと笑みを浮かべる。


それを見た燐は不思議に思うも、しかし、それを見るよりも更に不思議に思うことがあった。


「な、なぁ翼……それって、翼の服なのか?」


『え?』


燐が”それ”と言って指したのは、メフィストとお揃いのあの浴衣。


何とも面白みのある浴衣をあの翼が着ているというギャップが、燐の中では上手く消化できなかった。


しかし、翼は笑顔で答える。


『これは、メフィストさんのです。私は隊服しか持っていないので……。


授業以外はこれを着ておきなさいと、メフィストさんが』


「へ?」


『優しいですよね! ずっと着ていたらボロボロになってしまうのに、それでも着ておけと言ってくれるんです!』


「……」


燐は何も言わなかった。しかし分かっていた。


メフィストがそのように言った、本当の理由が……。


「あの変態ピエロ……独占欲丸だしじゃねーか……」



内心、次犬として会った時は、思い切り首根っこを掴んでやろうと思った燐なのだった。


 
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ