銀→青(短)

□03
1ページ/1ページ


トントントントン……


『……』


トントン、グツグツ……


『……』


グツグツ、ボワンボワン……


『あの……』


ボワンボワン、ブクブク……


『ウ……ウコバクさん……』


翼は今キッチンにいる。メフィストの使い魔であるウコバクが料理するのを見ながら。だが……


『今日のそれ……一体何なのでしょう……?』


最初は歯切れの良い音を響かせていたのだが、仕舞いに雲行きが怪しくなり、今では赤黒い液体が泡を吹いている。


翼はこれが今日の晩御飯かと思うと多少気が引け、ため息と共に一言呟く。


『はぁ……久しぶりに食堂のおばちゃんのカツ丼が食べたい……』


「……」


『あっすみません、思わず……。そういう意味ではないので、気を悪くしないで下さい』


今の言葉はきっとウコバクに失礼だと思い、両手を振って否定する。


しかし、ウコバクは何も言わなかったので、きっと怒ってしまったのだろうと思い、翼はその場を離れることにした。


「……」


カチャン


しかし、ウコバクも火を止めキッチンを離れる。そして主の元へ駆けって行けば、あることをするのだった。


「はぁ? ”明日カツ丼を作っても良いか”だと?


別に構わない……しかし、私は毎晩オートミールでも構わないのだが?」


味覚の外れた主を無視するかのように、素早く頭を下げ退散するウコバク。


その顔が可愛く歪んでいることに、この主が気づくはずもなかった。


「何か勝負事でもあったか?」




翌晩、翼は歓声を上げてウコバクにお礼を言ったのだった。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ