銀→青(短)

□21
1ページ/1ページ


その日、翼はまたもやメフィストの部屋へ来ていた。

”またもや”と言っても翼が来るのは久しぶりで、メフィストも表には出さないが顔に嬉しいと書いてある。

つまり、久しぶりの二人の時間なのだ。


「翼ー! ウコバクが作ったご飯、食べますか?」

『はい!』


そして二人席に着き、「『いただきます』」の合図で食べはじめる。今日のメニューは夏の風物詩とも言える冷し中華だ。


『わぁ! すっごく美味しいですっ』


「そうですね。やはり夏と言えばこれですね☆」


感想を交えた会話が二、三度飛び交う。しかし、その時――


『あ、風物詩と言えば! メフィストさん、新聞ありますか?』

「はい、棚の上に……翼?」


メフィストが場所を言えば、『ちょっと失礼します』と翼は席を立つ。そして新聞の元へ向かった。


実は、今日の夜は翼の好きな心霊特集がするのだ。朝屯所で確認をしたから間違いない。

『えっと〜』

若干鼻歌交じりでテレビ欄を凝視する。すると何と奇跡なことか、こちらでも似通っている番組があったのだ。


『!』


見つけた瞬間、翼の心は跳ね上がる。イソイソと、そのまま番組内容を確認した。


夏の心霊特集
▽恐怖の心霊写真50
▽身の毛もよだつ実話ドラマ
▽行ってはいけない……心霊スポット


『〜っ!』


堪らない!

翼の脈拍は異常なほどに跳ね上がる。しかし、それも一瞬。それは、最後の項目を見た時……。


▽悪魔はこう払え!祓魔師による払い方講座


『……』


翼の顔は一気に真顔になる。すると新聞を若干手荒に畳み、再び席へ戻った。


「……翼?」


当然メフィストは、翼の一連の行動が気になる。しかし翼は表情をパッと変えて、笑顔を浮かべた。


『メフィストさん! ご飯食べたら映画見ませんか? 私持って来たんですっ』


「おや、いいですねぇ☆」


急な話題に驚くも、その誘いが嬉しかったのか二つ返事をするメフィスト。そのメフィストを見て、翼もどこか嬉しそうに笑った。


その後は今は手元にない映画の話で盛り上がり、二人満腹になるまで冷し中華を堪能する。

そして、久しぶりに味わうほのぼのした二人の時間も、風物詩と同じように美味しく堪能するのだった。

 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ