銀→青(短)

□17
1ページ/1ページ



ある日理事長室には、メフィスト、翼、奥村兄弟の4人が集っていた。


が、いつもとは纏う雰囲気が違う。それは、会話からでも分かることだった。


『あの』


「「「はい?/ん?/何でしょう?」」」


『私、イクにイケないんですけど……』


「……」


「いや、俺だって溜まりっぱなしだぜ?」


「……」


「とか言って、本当は止めてるんじゃないですか? 早くお出しなさい!」


「……」


『とかいうメフィストさんは、さっきから気持ちよさ気にどんどん出してません!?』


「……」


「何言ってるんですか! ほら、ご覧なさい! これほどまでに溜まってるんですよ!!」


「……」


「けッ俺が一番溜まってるってのに……あ〜抜きてー! 早く抜きてー!!」


「……」


『とか言って燐さん、実はとんとん拍子に出るように用意してるんじゃないですか?

特にその抜きん出て盛り上がってるとこ、気になります』


「……」


「そーですね。あれは自分が快楽に落ちるための用意ですね。翼を膝まづかせて、楽しもうとしてるのですよ……!!」


「……」


『え!? ちょ、燐さんヤメて!』


「……」


「な! ピエロ! 余計なことゆーんじゃねぇ! 翼が怖がるだろうが!!」

「……」


「え〜奥村くんて実はそういうタイプ


「ちょっと!!」


はい?」


「これ、今何してるんでしたっけ?」


『トランプで”7並べ”です』


「雪男ー! いくら一抜けで暇だからって、からかってんじゃねーぞ!!」


「そうですよ! 全く、何を想像してたのだか!!」


ぶつぶつ言う負け組だが、雪男はその中の一人をギロリと睨む。


「あんたは確信犯でしたよね?」


雪男の目線の先には、「テヘッ」と頭を叩いて舌を出す、メフィストの姿があったのだった。

 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ