銀→青

□33
1ページ/11ページ



『ただいまです』


パタンと音をさせて帰ってきたのは、両手に荷物をたくさんに持った翼。


『う〜重い』等と言いながら、一生懸命に自室を目指す。


すると、調度その時、翼と反対側の扉か開いた。


カチャ


「おや? またすごい量ですね☆」


『メフィストさん! お風呂上がりでしたか。


あ、遅くなってすみません』


ガバリと音が出そうなほど、翼は頭を下げる。それをメフィストは手を振って答えた。


「いえいえ。よく考えれば、翼を一度も観光に連れていってあげてませんでしたから。


楽しかったですか?」


『はい! だけどシュラさんがたくさん買ってくださって、とても申し訳なかったです……。


あの、メフィストさん』


「何でしょう?」


自分の顔をまじまじと見る翼に、メフィストは何かついてるのだろうかと自分の顔をペタペタ触る。


すると翼は笑って首を振り、『かがんでもらってもいいですか』と尋ねる。


その要望に素直に答え、メフィストは翼よりも少し低い身長になる。


「どうかしましたか?」


『ちょっと、かりますね』


そういうや否や、メフィストの肩に掛かっているタオルをとり、そのまま頭へ持って行く。そしてグシャグシャと、少し乱暴にメフィストの頭を拭きはじめた。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ