銀→青

□25
1ページ/10ページ




一方、ネイガウスの後を追って屋上を離れた翼。来た時とは違い、僅かな朝日に照らされそこは少しだが明るかった。


「……」


『……』


トントンと軽快に響く足音とは反対に、翼も、そしてネイガウスも何も言わない。



お互いに静かな時間が流れていた。


しかしその時、一つの声が……



「燐!?」



しえみだ。


「ネ、ネイガウス先生!? 神崎先生も!


って、ネイガウス先生お怪我を……!!」


急いで治療しようと駆け寄ってくるしえみを、ネイガウスは一喝する。


「放っておけっ」


その重い声に、しえみは立ち止まってしまう。ネイガウスはその横を通り、そしてまた翼も、静かにしえみの前を通る。


しかし、完全に通り過ぎるその前に、翼はしえみにあることを言う。それは……。


『燐さんと雪男さんは屋上です。早く行ってあげてください。特に、燐さんは深手を負っています』


「え!? わ、わかりました!!」


衝撃的な言葉に、今すぐにでも動く足。しえみはものの数秒で姿を消した。


『……』


それを黙って見送る翼。遠くの方で「燐!」と呼ぶしえみの声が聞こえれば、小さな声で呟いた。


『お願いします、しえみさん』


そして、小走りでネイガウスの後を追ったのだった。


 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ