銀→青

□18
1ページ/5ページ



あれから翼は、塾が始まったのでその場を後にし、メフィストの部屋に戻るための帰路についている。


道順は雪男がくれた紙に書いてあるため、何とか迷わず行くことが出来ている。


しかし、何かと不安は大きい。


『か、帰ったら絶対怒られるよね……。よく考えたらあのメフィストさんが気づかないわけないよ……』


今更ながらに自分の犯してしまったことを悔やむが、所詮は今更。


どのように足掻こうが仕方がないことなのだ。


『お、落ち着け。いっぱい謝れば許してくれるはず……』


年齢に相応しいことを呟けば、もう目の前にはメフィストの部屋がある。


こんなにも近いものだったかと頭を捻るが、調度その時、突如聞こえる一人の声。


「翼」


『!!』


それは明らかに中から聞こえ、明らかにメフィストの声だった。


まだノックもしていないのにと驚けば、二回目の声が聞こえる。


「翼、お入りなさい」


『! し、失礼します!!』


呼ばれたため、ドアを素早くノックして中に入る。ガチャリと開けたドアの先には案の定、メフィストが執務机に向かっていた。


「……」


『……』


お互い何も言わない。翼にいたっては完璧に目線を逸らしている。


だが、さすが翼といったところか。どうやら”謝らない”ではしっくりこないようだ。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ