銀→青

□15
1ページ/7ページ



「で」


部屋に響く一つの声。それを聞いているのはシュラだった。


「何でこのようなことになったか、という詳しい説明をお願いしたいのですが」


どこか有無を言わせないメフィストの話し方は、シュラの口を素直に開口させる。


「疑った。だから試した。

それだけだ」


「私は詳しくと言ったのですよ。

26歳ともなれば耳が聞こえにくくなるのですね」


ピキッ


「いや〜老いって怖いです☆」


ブチッ


「年齢に関しては、お前に”だけ”は言われたくない!! 


それに! 私は18だ!!」


恥じらいもなく言い切れば、メフィストは曇りのかかった拍手を送る。


「そのガッツだけは真似したいものです☆」


口喧嘩では平行線のままだと確信したシュラ。咳ばらいをすれば、さっきの出来事を順に話した。


「一通り自己紹介して、校舎裏へ導いた。そこはまだ真っ暗だった」


メフィストはため息をつく。


「傷はほとんど噛まれたものでした。しかし、首にあったものだけは違った。


血を出して悪魔を呼び寄せましたね?」


「そうでもしなければ実力も測れないし、悪魔かどうかも分からない。それしか方法がなかった」


仕方がなかったんだと言いながら紅茶を飲むシュラを見て、自分さながら勝手な女だと、メフィストは思った。


「それはそれで構いませんが、せめて浅く傷をつけなさい。


あのままだと、もれなく死因はあの傷でしたよ」


さすがに悪いと思っているのか、シュラは舌打ちしながら今手当した翼を見た。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ