銀→青

□09
1ページ/14ページ



コトンッ


「さて、落ち着きましたか?」


『だ、大分……』



さて、現在翼とメフィストはソファーに向かい合って座っている。


翼の手には湯気の立つ紅茶が握られており、それのおかげで大分平常心になったようだ。


「大体、翼は騒ぎ過ぎです。アマイモンがここから降りたぐらいで死ぬわけないでしょう。


むしろそのような方法があるのなら、私が教えてほしいぐらいです」


最後の方は極力小さな声で言う。こんなことを知って何にするのか分からないが、悪用することは目に見えている。


やはりどこか侮れないピエロを前に、翼は言葉を返す。

『アマイモンさんとお知り合いなのですか?』


メフィストの小さな声が好を成し、翼にはやはり聞こえなかったようだ。


メフィストは嫌な笑みを浮かべ、そして実際に嫌そうな表情を浮かべて答えた。


「知り合いも何も……アマイモンは私の弟です」


『へ?』


「私たちは兄弟ですよ☆」




『ぇ……えぇー!?』




その日一番の歓声が、ピンクの部屋に響き渡った。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ