銀→青

□38
1ページ/14ページ











足音が、近づく。
















”「初めまして。私はこの正十字学園の理事長メフィスト・フェレス」”














”『私、真選組副長補佐神崎翼。

たまに一番隊副隊長も受け持っております。どうぞ、よろしく、』”





























ここから始まった物語。























その物語が、今、終わりを告げようとしている。


















そして、また一歩、































足音が、近づく――――。











 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ