銀→青

□36
1ページ/10ページ



塾生が木で覆われた時、高杉の後ろで控えていた万斉が思わず驚く。


「ふむ。この世界には不思議な力があるのでござるな」


翼は振り向かないが、万斉の言葉から、しえみがきちんと壁を作ったことを悟る。皆を巻き込まないように出来たことで、翼は少なからず安心した。



だが、本番はここからと言ってもいい。



「さっきより元気になったみてぇだが?」



高杉は翼を見て言う。翼は何も言わないが、しかし見ると本当にそうだ。


さっきは息をするのもしんどそうだったが、今は普通に立ち、呼吸も乱れていない。何の変化が起こったのか、と思ううちに、翼はニッと笑った。


『案外、日頃隊服を重くしておくのも、悪くないってことだ』


高杉には見せないが、お腹辺りをパンパンと叩く。すると微かに金属音が聞こえる。それは、いつかメフィストの洗濯機を壊した大量の短刀だった。


短刀により、高杉の刃を極力まで浅くすることに成功していた翼。だが、相手の見方を伺うため重傷のフリをしていたのだ。


「敵を欺くには、まず味方からってか。存外悪ぃ女じゃねーか」


『燐さんには悪いことをした。だが、燐さんなら大丈夫だ』


翼がそういうのも、いつか燐が「怪我が化け物みたいに早く治った」と言っていたのを覚えていたからだ。


しかし塾生には内緒のため、”タフだから大丈夫”というニュアンスを含めた言い方をする。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ