銀→青

□35
1ページ/13ページ



「翼ー? そろそろ塾の時間なのでは?」


ある日の夕方。


理事長室では優雅に紅茶を啜る音と、その場を忙しく駆け回る足音が響いていた。


『わ、わわ、今すぐっ』


バタバタと駆け回るのは、もちろん翼。今日もあのひそかに重い隊服を来て、今、例の鍵で部屋を出ようとする。


しかし、メフィストはすぐに止めた。


「ちょっと翼! 今日は武体刀実技なのでしょう? 刀忘れてますよ!」


『へ!? あ、焦っててつい!


わわ、遅れちゃう! それでは!!』



バタンッ



「全く、世話が焼ける。前はトイレにまで持って行ったというのに……」


一気に静かになった部屋は、ほんの少しだけ寂しさを覚える。が、メフィストはすぐ犬の姿になり、器用にドアを開け、教室へと行ったのだった。



教室に行くともう授業が始まっており、いかに翼がギリギリにここに着いたかが分かる。


いや、もしかしたら遅れたのかもしれない。メフィストはまた、ため息が出た。


すると聞こえる、翼の声。


『まず、今日は基本的なことから。体を動かすことに慣れるましょう。今から筋トレをします』


しかし翼の講師力というのは安定したものがあって、塾生も従順に翼の言うことを聞いていた。


『はい、あと10回!』


そう言いながら、翼も筋トレに参加する。


が、塾生との力の差は歴然としているもので、あの燐や勝呂よりも早く終えていた。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ