電王夢小説

時の電車に乗って、君の時間に行くよ。
違う未来始まるけど、忘れない。
また逢えると信じてるから。


色とりどりの恋しませんか?

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ