鏡と虚像とその間


仰いだ空は此処も同じで、雲はいつものんびりしてる。
きっと、どこかで繋がっている。
空に果てはないのだから…。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ