独自の立場から
ファミリーを守護する
孤高の浮雲

休むことのない
怒涛の嵐


雲は嵐を巻き起こす

PROF
BOOKS
DIARY
SRET
MAILBOX




変われたのは君の存在が
あったからだ..


「ありがとな」
それが君の、最後の言葉だった

太陽みたいな笑顔な君は
もういない...


Amore

Arrivederci..


ブックマーク|教える
訪問者1018人目




©フォレストページ