☆MEMORY NOVELU☆

□夏と言えば?
1ページ/10ページ


「やっぱり、夏と言えばこれよね」

「…ま、確かに夏だけど」

「スミマセン、潤さん。綾姉(あやねぇ)何で」

そう言って、潤さんの右肩をポンと申し訳なさそうに叩く。

「えー、夏と言えば、お化け屋敷でしょう」

「…だからと言って、みんなを巻き込むなよ。怖がりのくせにさ」

「当たり前じゃない。一人で入るのが怖いから、潤だけじゃなく、海や莉奈も巻き込んだのよ」


と笑顔。


綾子さん、その笑顔が怖いです。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ